HBで作る、グルテンフリーの米粉食パン(こめの香使用)

スポンサーリンク




こめの香で気軽に米粉パンを

米粉でパンを作りたい!グルテンフリーのパンが気軽に食べたい!

グルテンフリーの生活をしている主婦のmomoと申します。今回はものすご~く簡単に米粉パンが作れる『こめの香 米粉パン用ミックス』という米粉の紹介をさせていただきます。

大げさでもなんでもなく、とにかく簡単!

米粉でもこんなにおいしい食パンが、しかも何の技術もコツもなく簡単に食べられるなんて!衝撃ですよ!

最近Amazonさんがアレルギーの子どもをモデルにした米粉パンのCMを放送しているので、少しずつこの『こめの香』も注目されているようです!

原材料▼

米粉(新潟県産)、もち粉(国産)、増粘剤(グァーガム)、乳化剤、酵素、(原材料の一部に大豆を含む)

米粉・もち粉が主成分で、グルテンは一切使用していません
小麦アレルギーの方・小麦が苦手な方にもおススメです。

内容量は1袋900g。

(食パンを一斤作るのに、米粉ミックスが300gというレシピなので、1袋で合計3斤分作れます。)

レシピは3つの手順だけ

(と言っても、ホームベーカリーの説明書に載っているレシピですが…)

《一斤分の材料》

●水     290ml
●こめの香  300g
●砂糖    大2(17g)
●塩     小1(5g)
●ショートニング 30g
●ドライイースト 小1¹/₂(4.2g)

※ショートニングがなかったので、無塩マーガリン30gで代用しました。
※イースト菌は100円均一で買ったものを使いましたが問題なくできました!!

作り方

①ホームベーカリーのパンケースに水を最初に入れる

②その他の材料を順番に入れていく。

③イースト容器にイースト菌をセットして、米粉パン(グルテン無し)コースを選んでスタート。

え??これだけ??

そう、たったこれだけなんです

良く捏ねて、発酵させて・・・こんな手間一切いりません!

お好みでレーズンなどの具材も入れることができます。

約2時間後、なんだかいい匂い~~と思っていたら焼きあがりました!

f:id:countrymaana:20160628164435j:plain:w300

注意:オーブントースターの上にのせただけで、決してトースターで焼いたわけではありません。

こめの香で作った食パンはどんな感じ?

★普通の食パンと比べると、ずっしりと重い!!

これが米を原料としている最大の違いでしょう。300gのこめの香が、水分を含みご飯のようにずっしりとした重みが出るのだと思います。


★真ん中が少しへこんでいる!

強力粉で作る食パンのようにプックリとは焼き上がりませんでした。しかし調べてみたところ、これは失敗ではないとのこと。こめの香で作った米粉パンは少しへこんだ焼き上がりになるようなのでご安心を。

★表面が粉っぽい

これもこめの香独特の焼き上がりです。失敗ではありません。

米粉のパン作りで失敗を何度もしてきたので、ついつい強力粉で焼いた時と違うことがあると

『失敗したのかも???』

と心配になる癖が付いたみたいです。笑

切ってみました。
f:id:countrymaana:20160628163402j:plain:w300
焼きあがってすぐだと、少々切りづらいので冷めてから切ることをお勧めします。

f:id:countrymaana:20160628163141j:plain:w300

グルテンが入っていないとは思えないほど、とてもきめ細やかに出来上がりました。

パサパサ?モチモチ?どんな味?

焼きあがる前から、部屋中にパンの焼けるいい匂い(^^)
グルテンフリーの生活をするようになってから、ずっと眠っていたHB。

久しぶりの香ばしい匂いに感動しました。

一口かじった瞬間に、米粉の優しい香りがふわ~と鼻に抜け、強力粉の食パンより甘く感じました!!
歯ごたえはもちろんモチモチです!!
グルテン無くても、ちゃんと食パンが焼けてる!!!

と、心の底から感動しました。

米粉で出来ているだけあって、食べごたえも十分です。
腹持ちもいいように思います。

ただ一つ気になるのは、冷めてからだとどうしてもパサついてしまうところ…
なので時間が経って硬くなってしまったら、軽くトーストしてから食べることをお勧めします。

こめの香を使うことのメリット・デメリット

購入しようか迷っているかた向けに、私が感じたメリット・デメリットをお伝えしたいと思います。

メリット

①HBがあればグルテンフリーのパンでも簡単に食パンが作れる

②米粉の食パンでも失敗しない

③見た目も味も、強力粉の食パンにひけ劣らない

④食パンが作れるとサンドイッチ、フレンチトースト等レシピの幅が広がる

⑤特別変わった材料も必要ないので、こめの香を購入したらすぐにパンが作れる

デメリット

①少し値段が高い(質のいい強力粉なら、これくらいの価格も当たり前くらいのレベル)

②販売している店舗がなかなか見つからない

③米粉のパンは硬くなりやすいので、冷めた場合は温めが必要

デメリットも書いてみましたが、実際大したデメリットでもない気がします・・・

デメリットの解決策

①の値段の件は、値段も安い強力粉と比べたら、少し高いかな。。。というレベルで、質のいいパンが食べられるなら妥当な価格だと思います。
②の販売店は、ネットで購入すれば何の問題も無し!むしろその方が楽。
③米粉のパンは、基本的に炊いたご飯と同じ感覚なので、冷めたら固くなるのは当たり前。

グルテンアレルギーの私にしてみたら、こんなデメリットはどうってことない!と勝手に思っています。きっとアレルギーのあるお子さんを持つお母さんたちにとっても、かなり便利な米粉ミックスなのでは?

余談

次の日になると少し硬くなりますが、あえて切らずに次の日まで待てば、薄いスライスも簡単にできます。
薄くスライスして、サンドイッチ用のパンにしてみるなんていう方法もぜひ試してみてください。
アレルギーがあって、お弁当にサンドイッチを入れられない!!という悩みもなくなるかもしれません。

ホームベーカリーの話

我が家では PanasonicさんのSD-BM106(1斤タイプ)を使用しています。

米粉パン(グルテン無し)コースのあるホームベーカリーなので、何の問題もなく作ることができましが、米粉パンのコースがない場合でもできるレシピもあったので、載せておきます。

recipe.rakuten.co.jp
参考までに。

「こめの香(グルテンフリー)」について

米粉製品を多く取り扱っているデパートや百貨店などの店頭では一度も見かけたことがありません。なので購入はいつもネットです。

少し値段はしますが、900g×2袋セット・もしくは4袋で送料無料という買い方がおススメです。

ちなみに私は900g×2袋で購入しましたが、4袋買っても良かったかな。。。
と思っています。

またアレンジしたレシピや写真も載せていきたいと思います。

おこめのお菓子屋さん

おこめのお菓子やさんというお店はご存知ですか?
米粉でお菓子を取り扱っている専門店です。

こんなかわいいパッケージのクッキーも販売しています。

また他にはないおススメポイントは、手作りケーキができる米粉のケーキ用スポンジ。自分で作りたい!というアレルギー持ちの方やお子さま向けの商品を取り扱っているというところ。

こんな感じのスポンジが届くので、あとは切って間にクリームを塗ったり、自分でデコレーションを楽しむことができます。

もちろんスポンジから焼きたいという場合は


おこめのミックス粉という粉を購入すれば一から作ることもできます。

気になる方はコチラから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーサイト