米粉のクッキーは何で失敗するの?食感は?ボロボロ・カチカチ?

こんにちは、ゆるめのグルテンフリー生活をしている主婦『momo子』と言います。

 

グルテンフリーの生活をしていてもおいしいクッキーが食べたい!!!と思うことがたまにあるのですが、なかなか手に入らず結局あきらめることの方が多いという現実・・・

米粉のクッキーって手作りで作っても生地が上手くまとまらなかったり、焼きあがったらパサパサになってしまったり・・・という失敗がよくあります。

 

『米粉のクッキーって実はこの程度の物でたいしておいしくないのかも!?』

 

 

と思ってしまってはもったいない!

 

momo子

焼きたてでも、時間が経っても美味しい米粉クッキーもちゃんとありますよ!

 

そこで今回は私が良く作るレシピと私なりに情報を集め考えた失敗の原因について紹介したいと思います。サクサク、ほろほろ。小麦粉では味わえない米粉ならではのクッキーをぜひ試してみてください。

 

サクサク・ほろほろ!絶品米粉のクッキー

 

まずは実際に作ったレシピと作り方を紹介してきます。

 

f:id:countrymaana:20160109215845j:plain:w300

材料(天板1枚分)

 

●米粉    200g
●無塩バター 100g
●砂糖    60g
●卵     1個
●牛乳    卵と合わせて100ml

作り方

f:id:countrymaana:20160109220713j:plain:w200

①常温に戻したバターをボウルに入れて、ゴムべらでクリーム状になるまで練る
f:id:countrymaana:20160109220919j:plain:w150

②砂糖・米粉・卵・牛乳を加えてよく混ぜる
f:id:countrymaana:20160109221059j:plain:w150

③生地を5㎜くらいに伸ばす
袋に入れて伸ばすとやりやすいです。
f:id:countrymaana:20160109221240j:plain:w150

④扱いにくいようであれば、冷蔵庫・冷凍庫でしばらく寝かせる

momo子

私は1時間くらい冷凍させました。
軽く冷凍させると成形がしやすいのでおススメですが、焼く前に完全に解凍されていないと、中が半生のクッキーになってしまうので要注意です!

⑤好みの大きさにカット、または型抜きをする

 

⑥オーブンシートを敷いた天板に⑤のクッキーを並べ予熱180度のオーブンで約20分焼く

(クッキーが薄めなら時間を減らしてください。)

f:id:countrymaana:20160109215845j:plain:w300

出来上がりはこんな感じです。包丁でまっすぐに切っただけ。ここに顔を付けてもかわいかったな~と思いました。

追記;子どもと一緒にかわいい動物クッキーを作ってみました。何個かはパーツがポロポロと取れてしまいましたが、大満足の出来栄えでした!

米粉&アーモンドプードルのクッキー

 

レシピ2つ目の写真を撮り忘れしまったので、次作るときに載せますね!

材料

製菓用米粉     150g
アーモンドプードル 50g
無塩バター     50g
卵         1個
砂糖        50g

作り方

①バター・卵は常温に戻しておきます。

②無塩バターに砂糖を加えてクリーム状になるまで混ぜます。(3回ほどに分けて入れるといいです。)

③卵も数回に分けて入れます。

 

④ふるった米粉・アーモンドプードルを入れて捏ねないよう、ざっくり混ぜます。

 

⑤生地をギュッとひとまとめにし、サランラップで包み30分ほど休ませます。

 

⑥生地を4mm位の厚さに伸ばし、型抜きをします。

 

⑦オーブンを170℃に予熱し、15~20分ほど焼きます。

 

できあがり。今回はウルトラマン米粉クッキーにしてみました(^^)子供が型抜きしたので、絵柄がボロボロですが…

 

 

肝心の食感は?ポロポロして食べにくいの?

 

小麦粉で作られているクッキーは、種類が豊富でしっとりしたものやサクッとしたものなどいろいろな味・食感が楽しめます。

それに比べると、米粉のクッキーは若干お口の中でモサモサっとした食感を感じることも良くあります。逆にカチカチのおせんべいみたいになってしまうこともありますが・・・

 

今回紹介したレシピな感想はというと、

 

1つ目のレシピ
サクサクッとしていて、口の中に入れるとホロホロっと崩れるような歯ごたえ。割とあっさりとした味です。

2つ目のレシピ
焼きたてはサクサクっとしていて、冷めてからはしっとりホロホロと言った食感になりました。甘すぎず、脂っこさもなくアーモンドプードルの香りが若干鼻から抜け香ばしさも感じます。

 

momo子

ん~美味しい♡

 

 

 

 

この2つのレシピは、何度作っても子どもたちも大絶賛です!もし失敗して困っているという方がいたら、一度是非試してほしいと思います。

 

失敗の原因で考えられる3つのこと

 

私が良く作る、失敗したことの無いレシピを紹介しましたが、このサイトに来て下さったということは、失敗の原因を何とかしたいという悩みを持っているからだと思うので、原因についても考えていきたいと思います。

 

momo子

考えられるのは、水分量、米粉の種類、生地をしっかり寝かせることの3つ!

 

①クッキー生地の水分量

米粉の使い方って、炊いたご飯とよく似ているってご存知ですか?

炊いたご飯って、お米に水分を加えてモチモチふっくらとさせていますよね。温かい状態ならやわらかいご飯を楽しむことができますが、常温で放置するとカチカチに・・・という経験ありませんか?

きっとクッキーも同じような原理なんだと思います。

 

水分をたくさん含ませると、焼くことによって水分が蒸発し、カチカチになりやすいのでは?と思います。ということは米粉のクッキーを作るためには、『できる限り水分を入れずに成形できる生地を作る必要』があります。そこで水分の代わりに使用するのが、油。バターや米油など、小麦粉のクッキーよりも少し多めに入れるとカチカチのクッキーは免れるのでは?と感じています。

 

逆に水分がす少なすぎると、生地が固まらなかったり、ボロボロのクッキーの原因にもなるので、しっかりと計量して作るようにしましょう。

 

②米粉の種類(製菓用の米粉を使用している?)

種類に関してはどの米粉料理にも共通して言える部分です。小麦粉には『薄力粉・中力粉・強力粉・全粒粉・デュラムセモリナ・・・』など用途に応じた種類があるのに、米粉には種類がしっかりと明記されていないのが現状です。

そのため、そうとは知らず料理向きの米粉でお菓子作りやパン作りをして上手くいかなかった・・・となってしまうのです。米粉クッキングの失敗の原因って90%近くが『米粉の種類』だと感じています。

 

なので今回のクッキーづくりの場合は、製菓用の米粉を購入すれば失敗する可能性もはるかに減ると思います。

 

さらにおすすめなのが、米粉だけでなく他の粉材料も混ぜるとなお失敗しにくくなります

 

例)

きなこ・アーモンドプードル・かぼちゃフレーク・オートミール・ココナッツファインなど

 

 

私の経験上、水分の含まれたもの(かぼちゃペースト・サツマイモペーストなどのペースト)を入れると、かなりの確率でべちゃべちゃになります。そういったレシピもあるみたいなので、一概には言えませんが、米粉の扱いが初心者レベルの私の場合は難しかったです。

 

 

 

 

 

③生地はしっかり寝かせたほうがいい

急いで作っていると、生地を寝かせることが面倒で少し短縮してしまうこともあるかと思います。しかしこれは絶対にNGです!

 

生地を寝かせることには意味があります。

 

  • 水分を全体になじませしっとりさせる
  • 寝かせることでバターが生地に浸透する
  • 生地を適度に硬くして成形(型抜き)をしやすくする

 

 

 

 

 

3番目は米粉のクッキーづくりの場合特に感じる点だと思います。バターが少し冷えて固まっていた方が生地の角もしっかり立ち、サクサクっとした食感を作り出してくれます。

 

 

私の経験上考えられる失敗の原因は今のところこんな感じです。解決の糸口になったでしょうか・・?

もしこの3つを改善してみても上手くいかない場合は、問い合わせから教えて下さい。

 

簡単に作りたい!という方におすすめの粉!

失敗ばかりでもう嫌になった!考えるのが面倒臭くなってきた!

という方には、この粉をお勧めします。

 

ホットケーキミックスならぬ、米粉のクッキーミックスです!これは1度だけ購入したことがありますが、本当に簡単に米粉のクッキーを作ることができます。味も食感も間違いなしです!

 

米粉のクッキーをあきらめかけたかたには一度是非試してほしいと思います。

 

 

最後に

いかがでしたでしたでしょうか。またお気に入りのレシピが増えたらここに書き足していきたいと思います。

 

ところで皆さんはお菓子作りの材料をどこで購入していますか?私は冨澤商店というネット通販をよく利用しています。店頭で探してもなかなか見つからない商品が、種類豊富に販売されています。8000円以上の購入なら、送料も無料になるので、製菓用の米粉やクッキーの型もお気に入りのものが見つかるかもしれません

↓↓

パン・お菓子作りの材料・器具専門店【TOMIZ(富澤商店)】


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA