痩せたいなら間食すべし!今話題のヘルシースナッキングとは?

こんにちは。

近頃、流行発祥の地アメリカでブームとなっている、ヘルシースナッキングはご存知ですか?

 

momo子

今回はヘルシースナッキングとは何なのか、なぜアメリカで流行しているのか、どんな商品があるのか・・・ということを紹介したいと思います。

 

一緒に痩せる間食をしませんか?

 

 

ヘルシースナッキングとはいったい何?

 

まずはヘルシースナッキングとは何なのか。簡単に紹介します。

 

アメリカで注目されている新しい食習慣「ヘルシースナッキング」。
ヘルシースナッキングの目的は、こまめに食べることで極端な空腹を作らず、食べ過ぎを防止するということです。

極端な空腹は食べ過ぎの原因にもなります。

実は、1日の食事回数が多い人の方が、総摂取カロリーが少なくなり、肥満度も低くなるというデータもあるんです!

 

これは、食事の回数を増やすことで血糖値を急上昇させるのを防ぐことができるのです。血糖値の上昇が緩やかになれば、インスリンも分泌しすぎることがなくなります。

このインスリンの働きによって、臓器は血糖を取り込んでエネルギーにしたり、蓄えたりするので、身体に脂肪を蓄える働きも持つインスリンの分泌量が抑えられることで太りにくい身体に繋がるということです。

momo子

難しいことを書きましたが、簡単に言うと、適切な量の間食をすることで、食事回数を増やし、インスリンの分泌を抑える。ということだと思って下さい。

 

ヘルシースナッキングのルール

 

このヘルシースナッキングを行う上で、いくつかのルールがあります。そこで具体的に紹介していきたいと思います。

1回の間食は200カロリー以内

ただ間食を増やすだけでは1日の総摂取カロリーが増えすぎて逆に太ってしまいます!

そのため、1回の間食を200カロリー以内に収めましょう!

 

momo子

ドライフルーツなら片手の平に乗るくらいの量が大体200㎉と言われています。

間食で食べた分のカロリーは朝昼晩3食のカロリーから大体でいいので引いてください。

 

おやつの「質」を高めること

次に大切なのが、間食の「質」を高めるということ。間食にはある程度の糖質が含まれている方が良いですが、血糖値が急上昇してしまうと太りやすくなってしまいます

おすすめのおやつ

  • 食物繊維が多い
  • たんぱく質が多い
  • ビタミン・ミネラルが多い

このように栄養素を補えるものがいいと言われています。あくまでこのヘルシースナッキングは『健康的な間食』。

何でもかんでも間食していいというわけではないので気を付けて下さいね!

 

タイミングは“お腹が空きすぎる前”

そして最後のポイントは、間食のタイミング。

《GOODなタイミング》

朝食と昼食の間

昼食と夕食の間

(夕食が遅い場合は、夕食までの間に2回でも可)

 

《NGなタイミング》

夜遅い時間
深夜

就寝前
お腹が空きすぎる前

 

momo子

やはり夜遅い時間に何かを食べるということはダイエット的にも、健康的にもNGですね。

 

ヘルシースナッキングの選び方

 

脂っこいものや甘いお菓子では、さすがに痩せることはできません。間食には、たんぱく質や食物繊維が豊富な”健康的なおやつ”をチョイスするのがヘルシースナッキングのルール。そこで、どんなお菓子をチョイスしたらいいのか?紹介していきたいと思います。

 

・ナッツ類

ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富で天然のサプリメントとも言われています。1粒あたりのカロリーは高いので、食べ過ぎないようにしましょう。

・ヨーグルト

たんぱく質が豊富で整腸作用も。砂糖入りの甘いヨーグルトは血糖値を上昇させてしまうので、無糖のものがおすすめ。甘さが欲しい場合は血糖値を上げにくいハチミツを加えて。

・干し芋

食物繊維が豊富でお通じの改善や美肌効果も期待できます。

 

momo子

海外のモデルさんたちは、ドライフルーツやグラノーラなどがを食べていると書いてあることが多いかと思います。しかし日本で売られているドライフルーツは砂糖漬けになっていることが多く、グラノーラも糖質が多く含まれている場合があります。成分表示をよく確認してくださいね。

 

 

 

 

ヘルシースナッキングのメリットとデメリット

 

メリット

  • カロリーコントロールで食べ過ぎ防止
  • 血糖値をコントロールすることで太りにくい身体に
  • 食後の眠気コントロールと集中力維持
  • ストレス防止

痩せたいなら、間食は絶対にNG!としてしまうと、ストレスに繋がることもありますよね。でもこのヘルシースナッキングはおやつの質を高めれば逆に痩せやすい体質になるという優れもの!

 

 

デメリット

  • 甘いチョコなどのおやつはNG
  • いいタイミングで間食をすることが難しい人には不向き

次の食事までの間が空くから、空腹になる前に少し間食をとろう!と思っても、間食が難しい状況にある方には少し不向きだと思います。

また、おやつには絶対チョコレートやスナック菓子が食べたい!という方にも不向きだと思います。

 

 

momo子

1週間に1回は大好きなお菓子を食べてもいい。など回数を決めれば、そこまで気負う必要はないかなとも思います。

ゆる~く実践が成功のコツ

 

毎日必ず間食をした方が痩せるというわけではありません。

夕食が遅くなりそう、ご飯を食べたのにお腹が空いたなど、ついつい間食したくなってしまう時ってありますよね。そういう時には我慢せずヘルシーで健康的な間食をとる。ということがこのヘルシースナッキングの大きなポイントです。

 

間食=太る。NG。

 

という概念を少し変えて、健康的な間食もある!という考えで、楽しく間食をしませんか?

 

ダイエット用のスナック菓子

 

最近知ったのですが、ダイエット用のスナック菓子というものを見つけました。ヘルシースナッキングには、ナッツやドライフルーツなどが良いと紹介しましたが、この《ガウビケス》という商品も気になります。

 

この《ガウビスケ》は少量食べるだけで満足感を得られることを目的として作られています。

momo子

一般的なお菓子というものは、よりたくさんの量を食べたくなるように味付されていたり、香りや食感も工夫されているんですよ!

 

月額2592円~と、お菓子にしては高いかも!?と感じますが、置き換えダイエットなどのスムージーを購入し、食事を我慢することを思ったらそこまで高い買い物ではないのかもしれません。

しかもリピート率が高いようで、人気をうかがえます。

【月額2592円~スナック菓子でダイエット】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA