ビーエスコートはキャンセル料が必要?キャンセルの方法は?

スポンサーリンク




脱毛サロンに通うときって何かと注意事項が多く、キャンセルしなくてはいけない場合もでてくると思います。ビーエスコートでは、キャンセルの仕組みはどうなっているのか。いつまでに連絡すればキャンセル料がかからないのか、いくら払わなければいけないのか。という点について、事前に知っておくと便利だと思います。

当日の確認事項

まず初めに、当日の注意事項について

体調不良

薬服用中(市販薬8時間・処方薬1週間)

生理中・妊娠中・授乳中

予防接種後1週間以内

日焼けをした後、お手入れ後に日焼けをされる方

このような方は当日施術を受けることができません。この中でも一番引っかかりやすいのが当日急に生理になってしまったということだと思います。

生理が計算通りぴったりの日にちに来る人って、案外少ないんですよね。なので毎回予約もなんとなーくこの辺かな。と予約する人が多いみたいです。

私自身は今のところキャンセルをしなくてはいけない状況にはなっていないのですが、万一に備えてキャンセルの仕組みについてしっかりと説明を聞いてきたので、皆さんにもお伝えしたいと思います。

250/250

予約のキャンセルについて

キャンセルはいつまでにすればいい?

キャンセルする場合はいつまでならキャンセル料を取られないの?という点が一番気になるところだと思います。

私が実際に契約したときの契約書の規約にはこのように書いてあります。

  1. ご予約に際しては、お客様のために当該予約日時のベッドの専有権を確保しております。したがいまして、ご予約のキャンセルについては、必ず前日までにご連絡ください。ご予約の前日が定休日となっている場合は、留守番電話にその旨メッセージを残していただきますようお願いいたします。
  2. 当日ご連絡あるいは、ご連絡がないキャンセルについては、予約当日に予定していたトリートメント1部位につき1回分を消化、または1回相当分のキャンセル料をお支払いいただきます

とにかく自己都合でキャンセルをしなくてはいけない場合は、早めに連絡をすることが大切です。この契約書の規約には書いてありませんが、私が通っているビーエスコートでは予約当日の9時30分までに電話して留守番電話にメッセージを残せばセーフと言われました。

スタッフが通勤してくる前までなら、当日とみなされないということでしょう。

※ちなみに当日サロンに行って、乾燥がひどい、日焼けが酷いなどの理由でサロン側が施術をNGとした場合は、キャンセル料も発生することなく、予約の取り直しをしてもらえます。

キャンセルの仕組みをまとめると・・・

《セーフの事例》

自己都合によるキャンセルは当日の営業時間30分前に留守電に入れればセーフ

当日サロン側に施術NGと言われた場合はセーフ

《キャンセル料が発生する事例》

予約を忘れて、サロンに行かなかった場合はキャンセル料が発生

当日9時半以降にキャンセルした場合は、1回分消化もしくは1回分相当のキャンセル料が発生

無断での10分以上の遅刻も当日キャンセル扱い

おおまかにまとめるとザッとこんな感じの規約になっています。

当日の施術直前に体調不良になってしまったり、生理になってしまったり・・・という場合は残念ながらペナルティーが課されてしまいます。脱毛サロンに通う場合は体調・生理周期の管理をしっかり行う必要もあると思います。

個人的なお話ですが。。ごくまれに生理周期が乱れることがあるので、直前に生理が来てしまわないことをいつも祈っています!笑

キャンセル料はいくら?

やむを得ず当日キャンセルをしてしまった場合のペナルティは2種類あります。

①1回分のトリートメントの消化

②キャンセル料1000円

このどちらかのペナルティーが課されます。そこはどちらを選んでも個人の自由ですが、回数規定のある契約をしている場合は②のキャンセル料を支払うという選択をする人が圧倒的に多いようです。

両脇10回で390円コース等のキャンペーン価格で申し込んでいる場合は1回のトリートメントよりキャンセル料の方が高額になってしまうということになりますが、個人的な意見としては、10回しっかりやりたいのでキャンセル料を支払うという選択をすると思います。

他社サロンには当日キャンセルが3000円のペナルティのところもあるので、ビーエスコートはまぁ普通といったところだと思います。

電車が遅れた?突然のアクシデントの場合は?

もう一つ気になるのが、自己都合でないキャンセルの場合。例えば、公共の交通機関の乱れ、自然災害の影響等の場合もキャンセル料は発生するのでしょうか。

結論から先に言うと、行けない!間に合わない!という場合はとにかく施術時間前に一刻も早く電話連絡をしましょう。キャンセル料が発生しない場合もあります!

間に合うように家を出たのに!私は何にも悪くない!とショックを隠しきれないのが公共の交通機関の乱れ。その場合は、交通機関の乱れ等で間に合わない旨を電話で伝えれば、キャンセル料が発生しない場合もあります。

私の通っているビーエスコートでは、電話をしてもらえれば大丈夫です!とおっしゃっていただけました。

万一対応してもらえない場合に添えて、駅員さんやバスの運転手さんに、遅延証明書をもらっておくのも一つの手だと思います。

サロンによって対応が違うかもしれないので、通う予定のサロンもしくは通っているサロンに事前に確認しておくことをお勧めします。

詳しいことは無料カウンセリングで教えてもらえます。無料カウンセリングの予約はコチラから

遅刻しそう!時間の変更はできる?

遅刻してしまいそうな場合の対応はこのようになっています。

10分程度遅刻しそう!

10~15分程度の遅刻なら、電話で連絡した場合に限っては当日到着後から予定通りのトリートメントを行う事ができます。

15分以上遅刻しそう!

ひとまずサロンに連絡をしましょう。空きがあり、良心的なサロンなら対応してくれるかもしれませんが・・・基本的に予約時間の変更は難しいと思って下さい。電話をしたうえで15分以上の遅刻となってしまった場合、全身脱毛など時間が長い施術だと予定していた脱毛ヶ所がすべてできないこともあります。

遅刻の連絡を忘れてしまった!

残念ながら無断での10分以上の遅刻は当日キャンセルとみなされペナルティーが課されます。

遅刻してしまわないよう、予約を取った日をしっかりとカレンダーに記入し、時間に余裕を持ってサロンに向かうよう心がけることが大切です。

ビーエスコートのキャンセルの仕組みをまとめさせていただきました。キャンセルの仕組みについて分かっていただけたでしょうか。

具体的なことがもっと知りたい!という場合は無料カウンセリングで直接スタッフに聞くことができます。予約も2~3分ほどで簡単にできるので、まずは最寄りのビーエスコートを検索してみてください!

>>ビーエスコートの無料カウンセリングはコチラから

250/250

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーサイト