グルテンフリーのケーキ【ドトール・モンブラン】

ドトールのモンブランケーキ

なんとドトールで小麦不使用のケーキを発見しました!!

f:id:countrymaana:20171219213046j:plain:w400

和栗のモンブラン 税込420円

大々的にグルテンフリーと記載されているわけではありませんが、原材料を見ると、小麦が使われていません。

f:id:countrymaana:20171227212512j:image:w400

コーヒーとセットで買うと610円〜でしたが、モンブラン1つのみを購入して、テイクアウトしました。

モンブラン一つだけでもテイクアウトできますか?」
と尋ねたところ、嫌な顔一つせず
「もちろん大丈夫です」と対応していただきました。

購入したモンブランがコレ

f:id:countrymaana:20171227212630j:image:w400

高さがあるボリューミーなモンブランです。

f:id:countrymaana:20171227212712j:image:w400
マロンペーストの中には生クリームがたっぷり。

f:id:countrymaana:20171227212728j:image

土台の部分は、ダックワーズみたいなサクサクとした生地でできています。

ちなみにこのモンブラン1つで約290calのようです。

一般的なショートケーキが大体330kcalほどあるので、若干ですがカロリーは低めということでしょう。

このボリュームで、カロリーがそこまで高くないというのには驚きです。

季節限定

栗なのでやっぱり期間限定なのかな・・

と気になったので調べてみましたが、特に期間限定という記載はありませんでした。
ということは、一年中手に入るということでしょう。

※もし間違っていたら、どなたか教えて下さい。

リニューアルしたのか?

HPにはリニューアルしたというようなことは、一言も書いてありませんでした。
しかし、口コミを調べてみたところ、今回私が食べたモンブランはどうやら 2017年11月16日よりリニューアルしたバージョンのものだったようです。

前回のモンブランはどんなモンブランだったのでしょうか・・・

もし小麦を使用したものだったとしたら、リニューアルしていただいて心から感謝します。

食べた感想

栗ペーストは、 とても濃厚で栗本来の味がギュッと詰まった感じです。

あんなにもたくさんのクリームが入っているのにくどさもなく、1つなら簡単に食べることができます。

土台となっているダックワーズ生地のような部分は割と甘さ控えめで、栗ペーストとクリームを一緒に食べるとちょうどいいな~と思いました。

土台の部分は、サクサクだけどどこかしっとりとしたような食感で、フォークでも簡単に切ることができます。
ただ、断面図は若干ボロボロになりますが、ボロボロになった生地も上のクリームにくっつけて食べてしまえば問題なし★

感想を書いているだけで、すでに再び食べたい気持ちになってきます。

今までグルテンフリーのケーキなんて、近場で購入するのはほぼ無理!と思っていたのに、まさかの遭遇でした!

次から何かイベントでケーキを買うことがあったら、間違いなくドトールさんにお世話になる機会が増えると思います。
f:id:countrymaana:20180102103429j:image

ダックワーズって何?

ダックワーズって言われても、何のことだか分からない方用に少し説明と、参考のレシピを貼っておきます。

f:id:countrymaana:20180102103555j:image

ダックワーズとは、アーモンド風味のメレンゲを使った焼き菓子のことです。

実は日本生まれのフランス菓子なのです。

フランス生まれのダックワーズ生地を、和菓子の最中をイメージしてアレンジすることにより生まれたようです。
今では、フランスでも作られる程に!
パリッと焼けた表面とは裏腹に、ふわっとやわらかい歯ごたえ、口の中に広がるアーモンドの風味。
思わず顔がほころんでしまう幸せなお菓子です。

f:id:countrymaana:20171228215925j:plain
引用http://recipe.cuoca.com/pc/index.php?cmd=rcpd01_pc&id=833

レシピ

調べてみると、案外薄力粉を少量使っているレシピの方が多い印象でした。

米粉を使用したレシピや、卵白のみで仕上げているレシピのみをピックアップして載せさせていただいます。

レシピ①

f:id:countrymaana:20180102123722j:image
《材料》 直径6cm約12コ分
【A】
●アーモンドプードル 35g
●米の粉 30g

●卵白 2コ分
●グラニュー糖 50g
●粉糖(シュガーパウダー) 適量
●お好みのフルーツ(いちご ブルーベリー ミントの葉など) 適量

【カスタードクリーム】
●牛乳 180cc
●グラニュー糖 25g
●卵黄 2個
●米の粉 15g
●バター(食塩不使用) 15g
●バニラエッセンス 少々

引用:http://www.recipe.kyoritsu-foods.co.jp/detail/?page=100&category=&id=628

このレシピは共立米の粉のサイトから引用させていただいています。

ダックワーズの生地にも、カスタードクリームにも米の粉を使用しているので、卵白、卵黄だけで作るダックワーズ生地よりも少し作りやすいと思います。


レシピ②

f:id:countrymaana:20180102124415j:image

《材料 》(小さめ18個分)
●卵白 115g
●アーモンドプードル 35g
●バニラオイル 数滴
●砂糖 35g
●粉糖 50g
●焼き上げ前振るう用粉糖 適量

生地が完成してから20分ほど寝かせることで、失敗してしまうのをふせいでくれるみたいです。

引用:https://cookpad.com/recipe/4346053


レシピ③

f:id:countrymaana:20180102131907j:image

《材料》 (30組分)

●卵白 4個
●グラニュー糖 30g
●アーモンドプードル 120g
●粉砂糖140g

《抹茶チョコクリーム》
●無塩バター 50g
●粉砂糖 20g
●抹茶 10g
●ホワイトチョコレート 40g
●生クリーム 15cc

材料も作り方もシンプルで簡単なレシピです。抹茶チョコクリームが個人的に好みです(^^)

https://cookpad.com/recipe/1744353


レシピ④

f:id:countrymaana:20180102132551j:image

《材料》(9~10個(2枚組))

●アーモンドプードル 90g
●粉糖 45g
●卵白 4個分(120g)
●グラニュー糖 15~30g
●塩 ひとつまみ
●仕上げ粉糖 適量

お砂糖控えめのレシピです。お好みで3gほどいちごパウダーや抹茶パウダーを入れれば


引用: https://cookpad.com/recipe/1201439


レシピ⑤

f:id:countrymaana:20180102211508j:image

《材料》 (6個)
生地
●卵白 2個
●粉砂糖 50㌘
●アーモンドプードル 45㌘
●粉砂糖(ふりかけ用) 適量

カラメルバタークリーム(多め)
●上白糖 25㌘
●水 20cc
●無塩バター 50㌘

うまくできれば2.3日はサクサクとしたものが焼けるみたい。チャレンジしてみたいレシピです。

引用https://cookpad.com/recipe/754787


レシピ⑥

f:id:countrymaana:20180102212439j:image

《材料》 (10個ぐらい)

●卵白 1個分
●砂糖 30g
●きな粉 20g
●片栗粉 10g

きな粉と片栗粉で作る珍しいレシピもありました。アーモンドプードルって高いし、なかなか常備してあるものでもないので、きな粉で代用できたら助かります!

引用: https://cookpad.com/recipe/470482


レシピ⑦

f:id:countrymaana:20180102212750j:image

《材料》(約4cm5個分)

生地用(基本)
●アーモンドプードル 50g
●粉砂糖(生地用) 30g
●卵白 2個
●グラニュー糖20g

コーティング用
●粉砂糖 適量

フィリング(基本)
●生クリーム 50cc
●グラニュー糖 小さじ1

つくれぽも多く人気のあるレシピです。作ってから1晩置くのがポイントみたいです。

引用https://cookpad.com/recipe/144913


※クックパットより転載させていただきましたが、もしNGでしたらご指摘ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする