スーパーでも手に入る?市販グルテンフリーのパン(玄米パン) 

グルテンフリーの玄米パン

グルテンフリーの生活をしていても、やっぱり美味しいパンが食べたい!!

健康のため、ダイエットのためとはいえ、せっかくグルテンフリーの生活をしているんだから・・・と我慢ばかりでは楽しくないですよね。

 

そんな時に見つけたのがグルテンフリーとしっかり記載されている玄米パン!

f:id:countrymaana:20170118102722j:plain:w300

販売店は?値段は?

 

今回は近所にあるアピタのパンコーナーの片隅で発見しました。

f:id:countrymaana:20170118102143j:plain:w300

 

他のお店だと、

成城石井

イトーヨーカドー

でも販売されているようです。

実際に見たわけではないので、確実ではありません。

また、生活圏内にアピタが3つほどありますが、置いてあるのは最近リニューアルしたばかりの1店舗のみでした。

 

手に取ってみると、ずっしりと重い!!
大きさは、パウンドケーキ1本分ぐらいです。

 

写真でも分かる通り、値段は1個598円(税込645円)

普通のパンと比べると、かなり高く感じます。

 

ここのアピタには他にも、もう2種類の玄米パン売っていました。

 

maisen(マイセン)というメーカーの玄米ミニパン
1個210円(税込226円)
f:id:countrymaana:20170118103235j:plain:w300

 

割と小さ目のパンです。
どんな味なのか少し試してみたい!という方にはこれくらいのサイズがちょうどいいかもしれません。
パッケージにはしっかりと「グルテンフリー」と記載されています。

 

コチラもmaisen(マイセン)というメーカーのおいしい玄米丸パン
6個入り 1袋600円(税込648円)
f:id:countrymaana:20170120134301j:image:w300

 

どちらのパンもレンジ専用と記載されていました。

 

玄米パンや米粉パンは基本的に、小麦粉のパンのように時間が経ってもふわふわということは難しいので、レンジなくして食べられないというわけだと思います。

 

 

外出先で気軽にパンが食べられる!と思ったのに、持ち運んでもレンジがないと食べることができないのが、残念です。。。

 

パサパサ?おいしいの?気になる味は?

ちょっと高いな・・・と思いつつ、せっかく見つけたので玄米パンを買ってみました。

f:id:countrymaana:20170118104329j:plain:w300
パッケージにはグルテン不使用としっかり記載されています。

気になる成分は・・・

 

原材料:玄米粉(国産)、てんさい糖、食用米油、生イースト、食塩、トレハロース、増粘剤(HPMC)、pH調整剤(酢酸Na)

f:id:countrymaana:20170118104816j:plain:w300

 

よく、小麦粉が少量入っているものや、小麦グルテンを使用しているパンは見かけますが、この玄米パンは小麦由来のものは一切使用されていません!!

 

f:id:countrymaana:20170118104417j:plain:w300

パッケージには、商品の説明や、美味しい食べ方が書いてあります。

●オーブントースターの場合
オーブントースターできつね色になるまで焼きます。(加熱が足りないとボソボソし、焼きすぎるとガリガリになります。)

※時間が経つと固くなるため加熱後はお早めにお召し上がりください。

 

●電子レンジの場合
1cmにスライスし、700wで約15~20秒程度を目安に加熱してお召し上がりください。(機種により異なります)
必ず加熱してお召し上がりください。

※加熱の目安です。(温めすぎると水分が飛んで固くなりますのでご注意ください)

 

中身はこんな感じ。割と堅め手触りです。

f:id:countrymaana:20170118104400j:plain:w300

 

早速切って焼いてみました。

ギュッと中身が詰まっているような感じで、堅めにできているので、1cmくらいの厚さでも上手に切ることができました。

f:id:countrymaana:20170120133131j:image:w300

きつね色になるまで約4分
f:id:countrymaana:20170118110101j:plain:w300

マーガリンを付けて食べてみました。
f:id:countrymaana:20170118110357j:plain:w300

 

味の感想は・・・・・

 

美味しい!!
外はサクサク、中はもっちり。

 

口の中に入れた瞬間に、ほんのりと玄米の匂いが鼻から抜ける感じがしました。

今まで、米粉パンを色々と作ってきましたがこれだけのクオリティーのものは初めて食べました。

 

もっとパサパサとしているのかな。。。
と思っていたのですが、全然気になりませんでした。

 

さすが、600円もするだけある!!

ちなみに電子レンジで20秒温めたバージョンは・・・

 

トーストとはまた全然違う食感で、ふんわりもっちり!

 

 

 

より玄米パンそのものの味を楽しむことができます!

 

どちらの食べ方でも、美味しかったですが、個人的にはトースターで焼いた方が好きでした!

 

これなら、小麦アレルギーで悩むお子さんもかなり喜んで食べてくれると思います。

 

ただ欲を言えば、もっと安く手に入ったらいいのにな・・・と思います。

 

タイナイってどんな会社?他の商品は?

タイナイさんは、

「新潟のお米で、日本の食の未来を笑顔にしたい。」

というコンセプトの元、米粉を使用した商品を販売している会社です。

 

さらに、タイナイさんの商品は食物アレルギーを引き起こす特定原材料等を含む27品目を一切持ち込まない専用工場で製造しているそうです。

 

よく工場内で小麦を使用している、等が書かれた商品は目にしますが、食物アレルギーを引き起こすアレルゲンとされる特定原材料等を含む27品目を一切持ち込まない専用工場で製造しているというのは、なかなか珍しいと思います。

 

※HPには「全ての食物アレルギーに対応しているわけではありません」と書いてあるので、症状に合わせて購入してくださいね!!

 

最後に

今回は賞味期限の関係で、1種類の玄米パンしか買いませんでしたが、また違うパンも試してみたいと思います!

 

・小麦アレルギーでもパンが食べたい!という方
・グルテンフリーの生活中でもパンが食べたい!という方

こんな方々の参考になれば幸いです。

お店を探すのが面倒という人は、ネットでも購入できます。

 

 

自分で作りたい方はこれがおすすめ

また時間を見つけて、米粉パンを自分で作ってみたという記事も書いていきたいと思っていますが、いつ書けるか分からないので先にこの本だけ紹介させてください。

 

高橋ヒロさんの、米粉100%のパンのレシピ等々が載っています。

こんなにも簡単に米粉パンが作れたなんて!!!!と感動しているところです。

ぜひ、ぜひぜひ!!!!!

 

この本を読んでみてください。

 

本屋さんでまだ置いてあるところが少ないので、ネットでの購入が一番手っ取り早いと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

SNSのシェア、ブックマーク等していただけると励みになります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA