米粉100%のパウンドケーキ 作り方と感想 手作りグルテンフリー

スポンサーリンク




グルテンフリー・小麦アレルギーの方でもおいしいパウンドケーキを♡

製菓コーナーで米粉100%のパウンドケーキのレシピが
「どうぞ、ご自由に。」
と置いてあったので、さっそく作ってみました。

米粉のパウンドケーキ

100%米粉のもっちりパウンドケーキです!

f:id:countrymaana:20160119133957j:plain:w250

《使用する道具》
●ボール
●泡立て器
●型(65×175×45mmH)1本

《材料》
●米粉      100g
●ベーキングパウダー  2g
●無塩バター   100g
●グラニュー糖  60g
●卵(M)     2個

《下準備》
●卵は常温に戻しておく ※¹

●無塩バターは、湯せんで溶かしておく ※²

●米粉とベーキングパウダーは、合わせておく

●オーブンは170度に予熱

※¹ 卵を常温に戻し忘れましたが、問題なく作れました
※² 無塩バターは、無塩マーガリンで代用
さらに電子レンジで温めましたが、こちらも問題なし

作り方

①ボールに卵を割りほぐします

②グラニュー糖を2~3回に分けて入れ、
すりつぶすように泡立てます。

③合わせておいた米粉・ベーキングパウダーを一度に入れ、泡立て器でしっかりと混ぜ合わせます。
f:id:countrymaana:20160119135225j:plain:w250

④溶かしておいたバターをまわし入れ、泡立て器で良く混ぜます。

⑤型に生地を流し込み、170度に予熱しておいたオーブンで30~40分焼きます。
f:id:countrymaana:20160119135253j:plain:w200 f:id:countrymaana:20160119135306j:plain:w200

(使用するオーブンにより、温度・時間を調整してください)

※ちなみに私はPanasonicさんのNE-C235というオーブンレンジを使用して30分で焼き上がりました。

⑥焼きあがった生地に、竹串をさして生地が付く場合は、さらに5分ほど焼きます。

できあがり♡
f:id:countrymaana:20160119133957j:plain:w250
思っていた以上に大きく膨らみました。

切り口はこんな感じです。
f:id:countrymaana:20160119140230j:plain:w250

作ってみて感じたこと

材料が割と身近にあるものでできるので、とても簡単でした。
作業時間は15分もかからなかったことも、かなり高ポイント!

表面はサクッとしていて、中はふわふわ
食べたときに少しホロホロッと粉がこぼれるような食感でした。

これはぜひともリピートしたい1品です!!!

※米粉に対して5%(このレシピだと約5g)の
野菜パウダーを加えれば、簡単に野菜スイーツができるようです。

抹茶パウダーを使えば、抹茶パウンドケーキも作れますよ♡
f:id:countrymaana:20160119141625j:plain:w250

何度もリピートしていますが、今のところ一度も失敗なく作ることができているので、気になる方はぜひ試してみてください(^^)

米粉のお菓子作りに大切なこと

ところで米粉のお菓子作りに大切なことって知っていますか?

実はお菓子作りのキーマンは

『米粉』

なんです。

正式には米粉の種類。

小麦粉に、薄力粉、中力粉、強力粉とあるように、米粉にもたくさん種類があります。

ざっと説明すると

団子向きなもの

料理向きなもの

お菓子作り向きなもの

パン作り向きなもの

など様々なんです。そんなこと全然知らなかった!と思う人多くいると思います。

この原因は基本的に米を粉砕した粉のことを全て『米粉』と呼ぶので、正式な決まりがないからなのです。

初めて米粉に触れる人なら知らなくて当然だと思います。

しかしその結果適していない米粉を利用して失敗する…という事態に陥ってしまうのです。

米粉のお菓子作りが失敗しやすいと言われるのは、このためだと思います。

個人的な意見ですが、粉砕レベルの基準が明確化され、パッケージに名前がしっかりと書かれるようになる日がいつかくるだろうと、勝手に思っています。

ちなみに、今回のパウンドケーキに使用した米粉を紹介したいと思います。

今回の米粉はリ・ファリーヌという、粒子のかなり小さい米粉を使用しました。これは一般的に、お菓子作りに利用する米粉です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーサイト




スポンサーリンク