グルテン過敏症は治る!?

スポンサーリンク




グルテン過敏症は治る?

グルテン過敏症というアレルギーは食べ物を食べてから、数時間後に体の不調が表れる

『遅発型フードアレルギー』です。

遅発性フードアレルギーは一般的にグルテン(小麦製品)より、卵・乳製品が原因という人の方が多いようです。

卵・乳製品・グルテンなどを摂取するとお腹が痛くなったり頭痛がしたり・・・・

と悩んでいる人

f:id:countrymaana:20151126232215j:plain:w200

治したい!!と思いませんか?

治療法はないのか?色々と調べてみました。

治療法

①アレルゲンの除去

アレルギーのもととなる食材を半年~1年徹底的に除去してください。
一定期間が経過した後には、その食材に対するアレルギー反応が格段に起こりにくくなります。

②腸内環境の改善

腸内環境の乱れは、遅発型フードアレルギーを引き起こす要因にもなります。

具体的には、食生活の上で有害なものを排除し、野菜や果物、発酵食品などを豊富に摂取することです。また腹部を中心に体を温めることも大切です。

この2つのことを徹底的に取り組めば
再びアレルゲンとなっていた食材が
食べられるようになります。

こんなデータもありました。
半年間治療に取り組んだ結果のようです。
f:id:countrymaana:20151216221839j:plainf:id:countrymaana:20151216221854j:plain
引用http://fufufu.rohto.co.jp/feature/82/5/

このまま一生グルテンフリーの生活を
続けていかなくてはいけないのか・・・・
と少し負担に思っていましたが
終わりのある治療なら頑張れそうですね。

●同じような思いでグルテンフリーの生活にチャレンジしている方

●この記事を読んで『1年くらいなら…』と思いチャレンジを試みようとしている方

一緒にがんばりましょう!!!!
仲間がいると励みになります(^^)

しかし治ったからと言って油断は禁物。

いろいろな食材をバランスよく摂り、身体にいいと言われるものであっても同じものを毎日食べ続けないこと。ガマンしていた食品が解禁になっても、1度食べたら3日空ける4デイズローテーションを取り入れた方がよいでしょう。情報に惑わされず、自分の身体を知ってより快適で健康な毎日を創り上げましょう。

引用人ごとではない!? その不調、遅発型フードアレルギーかも? | 太陽笑顔fufufu

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーサイト




スポンサーリンク