米粉とは?種類と用途 パンは不可能??

スポンサーリンク




米粉って何⁇

グルテン過敏症の人だけでなく、小麦アレルギーの人にとっても一番身近な『米粉』

米粉とはその名の通り “米のコナ”

私たちが普段あたり前のように食べているお米を、製粉し粉末状にしたもののことです。もちろんもっと昔から白玉粉・団子粉・上新粉・・・といった米粉はたくさん使用されてきていますが近年はまた新たな使用方法と共に、米粉が注目されるようになってきています。

以前までの主な用途としては

  • 団子
  • 白玉団子
  • 饅頭
  • せんべい

などが主流でしたが、近年では

  • 米粉スイーツ
  • 米粉パン
  • 米粉麺
  • てんぷら等

このように、用途が多様化してきています。

米粉は進化しています!!もう古臭いイメージではありません!!

パンは作れないのが当たり前

そう、以前の米粉の製粉技術だったら、米粉100%のパンは正直不可能だったのです。しかし製粉技術の進歩により、ここ数年米粉は幅広く活用されるようになりました。

どんなふうに技術が進歩したのでしょう。

今までの米粉は粒子が大きく荒め、デンプンの損傷率も高めという商品が主でした。しかし近年の用途で用いられている米粉は、粒子がととても細かく、デンプン損傷率が低いというきめ細やかは米粉なのです。

粒子が大きい→団子等

粒子が細かい→パン・製菓

粒子の大きさプラスデンプン損傷率の違いも

損傷率が高め→団子・和菓子・天ぷら

損傷率が低め→パン・製菓

こんな感じに、米粉の種類に応じて使い分けが必要なのです。

米粉の違いを表示しているしっかりとした基準がなく、一概に『米粉だから』、と購入してもパンが膨らまない、団子がパサパサする・・・といった現象が起きるというわけです。

実際に米粉の種類と用途の一覧を掲載しておきます。

引用元:米粉ってなぁに?

米粉と一概に言っても、かなり種類があり、用途が全く違うことを理解していただけたでしょうか。これだけ違いがあるということは、ただ『米粉』と書いてある商品を1袋購入しただけでは、団子も天ぷらも、パンもすべて作れる!!というわけではないということです。

米粉のいいところ・悪いところ

米粉のいいところ

●もっちりおいしい食感になる

●油を吸いにくいのでヘルシー 
  給油率の比較
    小麦粉→50%弱
    米粉 →30%弱
 てんぷらの衣に米粉を使うと、いつもよりさっぱりした味になり
さらに冷めてからもサクサク!!

●バランスの優れたアミノ酸 
人に必要なアミノ酸のバランスが優れている

●調理が簡単
米粉は粒子が細かくグルテンが含まれていないので、
ふるわなくてもだまになりにくく、混ぜすぎても失敗しにくい

●後片付けが簡単
粒子が細かくサラッとしているので、後片付け時に簡単に洗い流すことができる
小麦粉のようにボールやスポンジがぬるぬる・・・ということにならない

●実は食料自給率アップの救世主
米粉の需要が高まることで、食生活を大幅に変えることなく
お米の需要が増加する

(全国民が、輸入小麦でできたパンを、
毎月3個米粉パンに変更すると、自給率が1%アップする)

・・・これは日本の農家には、とっても嬉しい話ですね

現に米粉推進プロジェクトを実施している農家が、たくさんあるようです

知ってほしいな 米粉のこと | 米粉倶楽部 | FOOD ACTION NIPPON(フードアクションニッポン)

では逆に悪いところは・・・

正直まとめることが難しいくらい欠点が少ない!!!

けどそれでは記事にならないので強いて言うなら・・・。

●小麦粉に比べると少し高い
   米粉パン・米粉麺・・・
米粉を使用している製品はやはり小麦粉100%のものと比べると
少し高いので、買うことをためらってしまいがちです。

●米粉の種類(銘柄)によって、使用する際の水分量が異なる
   私の中ではこの水分量の違いという点がが一番苦労しています。
初めて米粉でパンを作ったとき、
「え。これで完成!? 載ってる写真と全然違うけど・・」
と、意気消沈しました。

この2つ目に挙げた点について、次回の記事でもっと詳しくまとめました。

今まで米粉のお菓子作りで失敗した経験のある人の参考になるかと思います。

今までは米粉の製品が売っていても
「ふーん、米粉ね。」
くらいにしか思っておらず、正直さほど食べてみたいとすら思っていませんでした。

しかしグルテンフリーの生活をするようになって、
「こんなところにも、米粉100%のケーキが売ってる!!」
と、見つけるたびに一喜一憂しています。

小麦粉と違って、米粉はいいところが盛りだくさん!!

そんな米粉の魅力を1人でも多くの人に知ってもらいたいと思っています!!!

グルテンフリーの生活をするようになって、初めてブログにチャレンジしました。

パソコンも得意ではないので、なかなか思うように書き進めることができませんが
私の経験が少しでも誰かの役に立てば・・・と思っています。

おすすめの米粉

最後にパン用・製菓用米粉の中でも、人気の米粉を紹介しておきます。私自身も最近はこの米粉に落ち着いています。

製菓用の米粉

製菓用のお勧め米粉は『リ・ファリーヌ』という米粉です。

小麦粉の代替として100%使用できる製菓用の米粉です。

名店「モンサンクレール」の人気パティシエ辻口博啓シェフも推薦!製粉会社の超微粒テクノロジーが作り上げた新しいケーキ用素材です。

「リ・ファリーヌ」の粉の粒子の細かさは、従来の小麦粉の約1/2!小麦のケーキよりもきめ細かく、なめらかでしっとりとした食感のケーキが作れます。

シルクのような舌触りにしっとりとした食感、また、歯で噛んだときのモチモチした弾力性、贅沢にも二重の食感を楽しむことができます。スポンジ、シフォン、タルト、パイ、スコーンなどさまざまなお菓子にはもちろん、クリームなど幅広くお使いいただけます。

by カエレバ

このリファリーヌという米粉で、今までにケーキのスポンジやパウンドケーキ、ドーナツ、クッキー等を作ってきました。粒子が細かいだけあって、米粉特有のざらざらとした食感にはなりにくく、かなり重宝しています。以前はお菓子作り専門店で購入していましたが、在庫切れのことも多くあったため、基本的にネットで購入しています。

パン用の米粉

パン用の米粉は2種類紹介したいと思います。

まず私が愛用している『ミズホチカラ』という米粉。この米粉に出会うまでは、米粉パンはぺたんこで少ししか膨らまない。というのが当たり前だと思っていました。

もしパンが作ってみたいなら、ぜひ一度この米粉でチャレンジしてみてください。2㎏で1680円程しますが、かなりの高レビュー商品です。

小麦グルテン一切なしでも、ふんわりとしたパンが焼けますよ!!

by カエレバ

もう1つは『TOMIZ』という米粉です。1㎏で677円ほどで購入できます。私は購入したことはありませんが、このTOMIZも米粉パンのレシピ本等に良く出てきます。

タピオカ粉やα米を加えると、モチモチのパンが焼けます。

by カエレバ

この3種類の米粉は、あまり店頭で見かけたことがありません。なので、購入の際はネットをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーサイト




スポンサーリンク