その不調、もしかしてグルテン過敏症!? 主な10の症状

スポンサーリンク




グルテン過敏症とは

グルテン過敏症って聞いたことありますか?

言葉から想像してみると…
“グルテン”という物質に“過敏”に反応して起こる症状

まさにその通りだと思います。
私自身、謎の腹痛に悩まされるまでは、知りもしないワードでした。
もちろん今流行りの『グルテンフリーダイエット』も。

グルテン過敏症とは、小麦タンパク『グルテン』によって起こるの遅延型食物アレルギーのことです。

小麦を食べると下痢・腹痛・食道炎をはじめ様々な不都合を生じます。

代表的な症状は胃腸障害です

小麦は、即時性のアレルギー(アナフィラキシー)などを引き起こす危険な3大アレルギー物質の一つです。3大アレルギーの一つというだけあって、耐性を得にくいアレルギー因子だと思います。

気付いていないだけで実は不耐症を持っている、という人が多くいると言われています。

遅延型のアレルギーはなんとなく不調が続いている・・・といった症状が多いのが、気付きにくい原因の一つだと思います。

主な10の症状

そこで具体的にどんな症状があるのか知っておいてほしいと思います。これはあくまで一例で、症状は十人十色です。

腹部膨満感、下痢、ガスっぽい、便秘など

①消化器系のトラブルがある

(腹部膨満感、ガスだまり、下痢)

②肌荒れが酷い
(毛孔性角質化(二の腕のブツブツ))

③グルテンの入った食事を食べると頭がすっきりしない・疲労感がある

④橋本甲状腺、関節リウマチなど何らかの自己免疫疾患がある

⑤脳神経的症状がある

(めまい・平衡感覚がおかしくなる)

⑥PMSなどホルモンバランスの乱れによる症状がある

(不妊、生理不順など)

⑦偏頭痛

⑧慢性疲労

⑨関節の痛み

⑩気分のムラがある

(不安感、抑うつ状態、ADD、ADHD)

これらの症状がある人は、気づいていないだけでグルテン過敏症かもしれないのです。

もしかしてと思ったらまずは、2週間グルテンフリーの食生活に変えてみてください。
摂取をやめて2週間後に、再度小麦を摂取してみて上記のような過敏症状が出現すれば、『グルテン過敏症』であるとほぼ確定できます。

グルテンフリーの生活については、コチラの記事にまとめてあるので、参考にしていただくといいかと思います。

『グルテンフリーの食材はコレ!食べていいもの、ダメなもの。』

血液検査で調べることも可能です

小麦抜きの生活を徹底することが難しい!という方は、血液検査で調べることも可能です。

ただこのグルテン過敏症は遅延性のアレルギー検査のため、保険適応外なのです。病院によってさまざまですが平均して5万円ほどはかかるみたいです。しかも取り扱っている病院もとても少なく、地域によっては遠いところまで足を運ぶ必要がある場合もあります。

そこでおススメなのが、自宅で簡単にできる血液検査セット。

IgG 96 スタンダード・フード・パネル[日本]

このアレルギーの検査キットを利用して調べることもできます。ちなみに調べてみたらAmazonのみで取り扱いがありました。

ただこのキットも約29,160円と決して安いものではありません。

病院で5万近くかけてしっかりと検査してもらう

少し安く自宅で自分で採血をしてみる

2週間グルテンを一切断ってみる

いまのところ、私の中ではこの3つがグルテン過敏症かどうかを調べる方法だと思います。他にいい方法が開発された場合、保険適応になった場合には、追記したいと思います。

ところで治療法ってないのでしょうか・・・

この先、一生グルテンを断つなんて絶対に無理!!と感じますよね。確かに、世の中は小麦製品であふれかえっています。アレルギーがないと思っている現代人のほぼ90%が、毎日何かしらの形で小麦製品を摂取していると思います。

小麦ってそれくらい避けては通れない食材なのです。

しかし現在は、グルテン過敏症の治療法は『グルテンフリー』の食生活を継続するという方法のみのようです。

(※食事と一緒に酵素を取り入れるといい・・という情報もありましたが定かではありません。)

治療法ではありませんが、グルテンダイジェストというサプリメントを飲むことで、症状を和らげることができます。これはあくまで症状を和らげる、出にくくする、というもので根本的な部分が治療できるわけではありません。

日常的にグルテンフリーの生活というのはかなりの労力がかかりますが、
症状が和らぎ、腹痛に悩まされることなく日常の生活が送れるようになったので
私自身はグルテンフリーを始めてよかったと思っています。

一番の理想を言えば、根本的にグルテン過敏症を治すことのできるような治療法が見つかってほしいのですが。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーサイト




スポンサーリンク